vHMについて

vHM Design FuturesはClive van HeerdenとJack Mamaにより、2011年ロンドンに設立されました。Clive van Heerdenのソーシャルサイエンス、インタラクションデザイン、Jack MamaのプロダクトおよびUXデザインの豊かなバックグラウンドがvHMの活動を支えています。

vHMはフィリップスデザインにて開発したDesign Probeの手法によりもっともよく知られています。未来のライフスタイルを洞察するDesign Probeの方法論により、Electronic Tatoo、Emotional Sensing Apparel、Microbial Homeなどのプロジェクトを発表した他、食関連のプロジェクトでは、Diagnostic Kitchen、Home Farming、またスペインのミシュランスターシェフ Juan-Mari ArzakとコラボしたMulti-sensorial Gastronomyなどが注目を集めました。

CliveとJackのパートナーシップは1990年初めにスタートしています。フィリップスのリサーチセンターを経て、ロンドンにスペシャリスト集団のスタジオを創設し、Wearable Electronicのサポートにより、アパレルエレクトロニクス、伝導テキスタイル、フィジカルゲーミング、医療モニタリング、エンタテイメントなどの分野で手法、技術や素材の開発を進めました。

様々な企業との協業を通して、彼らはサイエンス、テクノロジー、デザイン、アートの融合を、ビジョンや製品・サービスのロードマップに活用する方法を開発しています。

JackとCliveはデザイン教育にも活発に貢献しています。Royal College of Art、Media Lab(MIT)、CSM London、ニューヨーク市立大学などの他、英国とオランダにてファッション・テキスタイルの学校を主催しています。